Windows専用:高機能タスクマネージャー “Process Explorer”

Windowsツール
Windows
Table of Content

Windowsのタスクマネージャーは、開発に欠かせないツールですが、機能的にすこし物足りません。

そこで使いたいのが米Microsoftが提供している
高機能なタスクマネージャー「Process Explorer」です。

Windows Vista/Server 2008以降に対応するフリーソフトです。

「Process Explorer」は、システムで実行されているプログラムとその状態を調べるツールで、
Microsoftの一部門である“Windows Sysinternals”によって開発されています。
Windows標準の「タスク マネージャー」よりも詳しくプロセスの情報が取得できるので、システムやアプリケーションのトラブルシューティングに役立ちます。

v16.30では、プロセスビューに“Shared Commit”カラムが追加されました。

カラムの右クックメニューから[Select Columns]ダイアログを開き、[Process Memory]タブへアクセスすると、“Shared Commit”オプションが用意されています。


processexplorer


processexplorer2


プロセスがコミットするメモリには

  • プライベート
  • 共有
  • その他(カーネルモードなどでの利用)

の3つがあるますが、共有コミットを知る手段は多くないため手軽なGUIツールとして重宝しそうです。

公式サイト

Process Explorer - Windows Sysinternals
Find out what files, registry keys and other objects processes have open, which DLLs they have loaded, and more.

コメント

タイトルとURLをコピーしました