[Mac OS Big Sur]でGOの開発環境を作る手順

Table of Content

GOを使う必要があったため、Mac OS Big Surで環境を作りました。

内容

  • goenvのインストール
  • goのインストール

goenvのインストール

当初、brew install goenvでインストールしてみたいのですが、
バージョンが服買ったため、Gitでインストールしました。

% git clone https://github.com/syndbg/goenv.git ~/.goenv

シェルはzshを使っているので、環境変数を設定します。

% echo 'export GOENV_ROOT="$HOME/.goenv"' >> ~/.zshrc
% echo 'export PATH="$GOENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
% echo 'eval "$(goenv init -)"' >> ~/.zshrc

シェルを再起動し環境変数を反映します。

% exec $SHELL

goenvのバージョンを確認します。

% goenv -v
goenv 2.0.0beta11

goのインストール

インストール可能なgoのバージョンを確認します。

% goenv install -l
Available versions:
  1.2.2
  1.3.0
    :
  1.15.4
  1.15.5
  1.15.6
  1.16beta1

バージョンを指定してgoをインストールします。

% goenv install 1.15.6

シェルはzshを使っているので、環境変数を設定します。

% echo 'export PATH="$GOROOT/bin/$PATH"' >> ~/.zshrc 
% echo 'export PATH="$PATH:$GOPATH/bin"' >> ~/.zshrc 
% exec $SHELL

ここまでで、~/.zshrcには、以下の設定が追加されているはずです。

export GOENV_ROOT="$HOME/.goenv"
export PATH="$GOENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(goenv init -)"
export PATH="$GOROOT/bin/$PATH"
export PATH="$PATH:$GOPATH/bin"

使用するGOのバージョンを指定します。

% goenv global 1.15.6

GOのバージョンを確認します。

% go version
go version go1.15.6 darwin/amd64

任意にプロジェクトの場所を指定したいのでGo Modulesを設定します。
まずは、Go Modulesの設定を確認します。

% go env GO111MODULE

設定されていればonと表示されますが、表示されないので設定します。

% go env -w GO111MODULE=on
% go env GO111MODULE
on

ここまででGOの環境ができているので、
go mod init <プロジェクト名>で進めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました